Event is FINISHED

新型コロナ対応の中で現場ヘルパーが学んでいること

Description
(ベグライテン ケアセミナー 10月例会)

新型コロナ対応の中で現場ヘルパーが学んでいること

 ~国連・高齢者人権条約制定30年を振り返って~

講師 : 藤原 るか さん (介護福祉士)

日時 :10月31日(土)13:30~15:30 (12:30から入室できます。)

方 法:Zoomによるオンライン・セミナーです。

 私は「MRSA」という感染症対応で人員補充の募集を知り、公務員ヘルパーに応募したことからヘルパーになり30年になりました。
 それからの日常はC型肝炎やノロウイルス等の感染症対応が常時必要な現場を続けています。この度の新型コロナ・ウイルスは、地球規模の「災害」という様相を示しています。日本でも9か月が経とうとしていて、感染症との闘いが続いています。
 この間、基礎疾患(高血圧や糖尿病・呼吸器疾患等)がコロナの標的になりやすいという事から、高齢者に緊張が集中しています。施設では面会を中止した状態で対応しており、家族と自由に会えない日々が続いています。
 今回は、この間のケアの現場(特に在宅)の取り組みと状況をお伝えしたいと思います。災害や緊急時には社会や国のありようが浮き彫りになりますが、この間起こった様々なケアにまつわる事件や介護保険20年の「人権保障」の現状をご一緒に考えて行けたらと思っています。

講師略歴 1955年生まれ。1990年に公務員ヘルパーとなる。介護保険スタート時より民
間ヘルパーステーションに移り現在に至る。介護福祉士・1級ホームヘルパー。 
「共に介護を学びあい・励まし合いネットワーク」主宰。
     2011年99歳のおばあちゃんを連れて厚生労働省を訪問。生活援助を介護保険から外そうと目論む厚生省に対し、「それでは高齢者のQOLを保てず、ヘルパー労働条件の悪化につながる」と抗議した。
     在宅ヘルパーの労働条件、介護環境の適正化を求めた公の場での発言も多い。
      1日500円を貯めて「世界のヘルパーさんと出会う旅」等を企画している。
著書  『介護ヘルパーは見た』『介護ヘルパーはデリヘルじゃない』幻冬舎、
『ホームヘルパーを知っていますか』萌文社(共著)、
『介護における自立援助』クリエイツかもがわ出版(共著)など。

参加費  1,000円   

お申込み・お支払い方法: このページの右側の「チケットを申し込む」ボタン(橙色)をクリックして順に記入し、支払い方法を各自選択してお支払いください。(入金後のキャンセルは、ご容赦ください。)


ZoomのURLは、お支払い確認後、10月31日12:00~12:30に個別にご連絡いたします。
Zoomを利用されたことのない方は、利用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

主宰: ベグライテン  https://begleiten.org/ https://www.facebook.com.begleiten2
https://twitter.com/Begleiten2001

問合せ先:関根 090-9146-6667   k_sekine@f7.dion.ne.jp
































Sat Oct 31, 2020
1:30 PM - 3:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加券 SOLD OUT ¥1,000
Organizer
ベグライテン(Begleiten)
113 Followers
Attendees
10

[PR] Recommended information